国立A大学で実施

2016年5月中旬に国立A大学医学部保健学科の学部3年生用授業にて、実施していただきました。今年で4回目となります。

(報告者:江間有沙)

STS Network Japan研究会での実施

2016年1月25日のSTS Network Japan研究会「健康に向けたコミュニケーション方法を探る」でネゴバトを実施しました。デモとして20分程度の実施のあと、どういう場面で使うことができるか等について参加者の方々からご意見・アイディアをいただきました。

高校の国語の授業で実施

2016年1月25日に都内の高等学校の国語の授業でネゴバト<大学生バージョン>を実施しました。学業・バイト・サークル・趣味など様々な場面で生じる健康とのジレンマに対して、どのように誘惑を上手にするか、あるいは断ることができるのかという交渉が見られました。このゲームではいつも和やかな笑いが起きるのですが、今回はジレンマ状況に対して反対派・賛成派などの白熱したディベートが生じたグループもありました。今回は高校3年生に実施したので、4月から始まる大学生活に対してイメージを膨らませてもらうと同時に、健康とのバランスのとり方についても考えるきっかけとなったのではないかなと思います。

弘前大学で実施

2015年11月11日に、弘前大学人文学部の演習科目で、津軽版ネゴバト(パイロット版)を実施しました。津軽弁で作成された文章については、読み上げに苦心する学生も。相手の様子を見ながら、どんどん誘惑する名物誘惑者や、それにもかかわらずにきっぱり断る人間役、さまざまドラマが各テーブルで生まれていました。

(報告者:日比野愛子)

第74回日本公衆衛生学会で実施

2015年11月4日、第74回日本公衆衛生学会の自由集会「健康教育教材としてのゲーミング:実際にゲームを体験してみよう!」にてネゴバトを実施しました。
ネゴバトの本格販売に向け、様々な専門家のアドバイスをいただきました。

(報告者:江間有沙)

学会発表報告

第46回国際ゲーミング&シミュレーション学会で、ポスター発表を行いました。(2015年7月17日~21日、京都)

The Design of Lifestyle-Related Disease Game and its Practice for Regional Version.
A. Hibino, A. Ema, A. Ueda and R. Hishiyama
The 46th International Simulation and Gaming Association Conference: ISAGA 2015, Kyoto Japan, July (2015)

高校の保健体育の授業で実施

2015年6月末に、関東圏にある公立高等学校の保健体育の授業で、ネゴバト(大学生バージョン)を実施していただきました。ネゴバト(大学生バージョン)は、通常の人間役が「新人社員」であるのに対し「大学生」のさまざまな場面(バイトやサークル、学業など)でのジレンマ状況を扱っているものです。現役大学生にジレンマ内容を考えてもらいました。

(報告者:江間有沙)

論文掲載報告

「ネゴバト」論文掲載されました。

『医学的な視点』と『生活者の視点』間のジレンマと交渉-生活習慣病対策ゲーム<ネゴバト>の看護学生用教材への利用可能性―
江間有沙, 兵藤好美
日本保健医療行動学会雑誌,30 (1), 2015, 61-71

 

都内の私立大学で実施

2015年5月中旬に都内の私立大学の公衆衛生学の授業にて、ネゴバトを実施していただきました。「新入社員」という仮想場面ではありますが「ちょっぴり本音が出た」、「カード内容に自分の生活で思い当たることが多く、自分の生活習慣を楽しく振り返れた」などのコメントをいただきました。

振り返りのあと、「大学生」がどのようなジレンマ状況に遭遇しているのかを考えていただきました。高校生には大学生活がどういう状況で、どういう誘惑があるのかなど、なかなかイメージしにくいと思います。その大学生の「リアルな声(ジレンマ状況や誘惑)」をもとに、高校の授業で使えるネゴバトを制作中です。
完成したら、またHPでお知らせさせていただきます。

(報告者:江間有沙)

国立A大学で実施

2015年5月中旬に、国立A大学医学部保健学科の学部3年生用授業にて、ネゴバトを実施していただきました。今年で3回目となります。毎回バージョンが違うものをやっていただいているのですが、今年は振り返りに時間を割いて、自分はどういう誘惑に弱いのだろうということを考えてもらいました。

また、最後にこんなジレンマカードがあったらどうだろう?というのを考えていただきました。バイトに割く時間と勉強や睡眠に割く時間のバランスをどうするか、運動するため部活に行くか勉強か、レポートを終わらせるか寝るか、など学生らしいジレンマが多かったです。

(報告者:江間有沙)